Windows7のMSゴシックフォントを改善する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、ついにWindows7を導入したわけですが、MSゴシックのフォントの改悪には本当にイライラさせられます。半角数字のフォントが異常なほど幅を狭められており、小さな文字だと猛烈に見にくくてなりません。というわけで、MSゴシックフォントの改良計画に乗り出すことにしました。

結論からいうと、成功です。
ただ、手順が結構大変だったりするので以下に記録しておこうと思います。

手順1: Microsoftからkb927490の修正パッチをダウンロードして適用する

Windows Vista(中略)で旧 JIS90 文字セットを使用する方法
http://support.microsoft.com/kb/927490/ja

この修正パッチは、Windows7でMSゴシックフォントを従来のWindows(XP、Vista時代)のものに差し替えるというもの。これを適用することで、「2」以外のフォントはすべて正常に戻る。

手順2: MSゴシックフォントファイルを作業用フォルダにコピーする

フォントファイルをそのまま加工はできないため、エクスプローラ等でC:\Windows\Fontsフォルダを開き、「MSゴシック」のフォントファイルを適当な作業用フォルダにコピーする。この時、コピー先に展開されるフォントファイルの名称が「msgoth90.ttc」であることを確認する。

コピーする書体は「MSゴシック」「MS Pゴシック」「MS UIゴシック」のどれでも構わない。1ファイルで3書体をカバーしているため、どの書体をコピーしても同一ファイル「msgoth90.ttc」が得られる。

手順3: バイナリエディタでコピー先のmsgoth90.ttcを開き、以下の値を置換

0006BE98: 00→01
0006BEA0: 24→22
0006BEA1: 48→44
0006BEA2: 80→00
0006BEAD: 49→4A
0006BEAE: 4A→50
0006BEDC: 01→00
0006BF17: 10→11
0006BF18: 88→11
0006BF19: 88→10
0006BF1A: 78→F8
00070609: 00→01
00070611: 24→22
00070612: 48→44
00070613: 80→00
0007061E: 49→4A
0007061F: 4A→50
0007064D: 01→00
00070688: 10→11
00070689: 88→11
0007068A: 88→10
0007068B: 78→F8

手順4: FontsフォルダのMSゴシックのアクセス権限を設定

C:\Windows\Fontsの中の上に挙げたどれかのフォントを右クリックし、プロパティからセキュリティタブに入る。まず、下側の詳細設定をクリックして所有者をAdministratorsに変更し、OKをクリックしてセキュリティの詳細設定画面を閉じる。

次に、フォントファイルのプロパティに戻り、グループ名またはユーザー名のAdministratorsを選択し、下のアクセス許可表にある変更権限にチェックを加えてOKする。

手順5: C:\Windows\FontsのMSゴシックを上書きする

Windowsが起動した状態だとフォントファイルの上書きは単純オペレーションでは不可能なため、Replacer(http://www3.telus.net/_/replacer/)を使うと便利。

1. Replacer.cmdを実行する(コマンドプロンプト画面が表示される)
2. オリジナルのフォントファイルをドラッグアンドドロップして確定
3. 加工したフォントファイルをドラッグアンドドロップして確定
4. 確認画面で(Y/N)を聞かれるのでYを押して確定
5. Windowsを再起動する


以上の作業で、Windows7のMSゴシックフォントを従来の綺麗なフォントに戻すことができます。ただし、手順をどれか一つでも間違うとWindowsが壊れる可能性が高いので熟練者のみ自己責任でお願いします。